別所温泉の散策

別所温泉の散策

別所温泉をのんびり散策してみませんか?

近年新たに整備された散歩コースや木製のベンチ、ミニパークなどがあり楽しい散歩道になっております。

またちょっと疲れたら喫茶店や足湯(無料)、150円で入れる外湯が3箇所ございますので、休みながらゆっくり観光できます。

神社仏閣の鑑賞と一緒に隠れた名所もご紹介しておりますので、是非訪れてみてください。

散策の総合案内マップはこちらのページからダウンロードできます
散策でチェックしてみたいポイントあれこれ
御舟の松
御舟の松

御舟の松(=みふねのまつ、常楽寺境内)

樹齢350年の松です。まるで舟のような姿から「御舟の松」と名付けられたようです。

常楽寺美術館
常楽寺美術館

常楽寺美術館(常楽寺境内)

昭和45年10月15日に設立。

開館時間

4〜5月/9時〜16時30分、6〜9月/9時〜17時、10〜11月/ 9時〜16時30分、12〜3月/9時〜16時

休館/8月9日〜8月31日と12月25日〜1月25日

※詳しくはTEL:0268(37)1234 または常楽寺ホームページで

展望台
展望台

展望台

2011年2月27日、安楽寺と常楽寺を結ぶ遊歩道に展望台が設置されました。

そこから見える山々を透明なアクリル板にレーザーで彫り、また山名や標高も彫り込んであります。

散策の途中ちょっと立ち寄ってご覧ください。

山本宣治、タカクラ・テル、齋藤房雄記念碑
山本宣治、タカクラ・テル、齋藤房雄記念碑

タカクラ・テル、山本宣治、齋藤房雄記念碑

上田自由大学の講師として別所に在住していたタカクラ・テルは農民運動・民主主義と社会進歩の運動に指導的役割を果たしました。

高野槙
高野槙

高野槙(=こうやまき、安楽寺境内)

真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来する霊木。

高さはおよそ25mあります。

愛染カツラ
愛染カツラ

愛染カツラ(=あいぜんかつら、北向観音境内)

樹齢1200年の老木で天長の昔、常楽寺の火坑出現の観世音菩薩が影向(ようごう=神仏が一時姿を現すこと)した霊木といわれています。

境内の東隅にある愛染明王堂とこの桂の木に因んで故川口松太郎氏(1899 - 1985、第一回直木賞受賞)が「愛染かつら」 を書かれたことはあまりに有名です。

若い人たちからは「縁結びの霊木」として親しまれております。

昭和14年6月5日、長野県の天然記念物に指定されました。

北原白秋歌碑
北原白秋歌碑

北原白秋歌碑(北向観音堂境内)

1923年(大正12年)に別所温泉へ訪れた北原白秋は百数十首の俳句を詠んだようです。

それを記念し碑が北向観音の境内に造られました。

夫婦杉
夫婦杉

夫婦杉(北向観音堂境内)

杉本から二股に分かれた杉の大木が仲良く並んで立っています。夫婦杉は夫婦円満の象徴です。

櫻井穂光庵
櫻井穂光庵

櫻井穂光庵(=さくらいすいこうあん、水墨画ギャラリー)

信州は私のふるさと。幼い頃より好きな絵を描き続け、1980年、水墨画を東野光生氏に師事。国内外展・個展(文藝春秋画廊)を中心に発表。

足湯「ななくり」
足湯「ななくり」

足湯「ななくり」

散策に疲れたらここで一休み。

無料でご利用いただけます。

あずまや堂下
あずまや堂下

あずまや堂下

2010年11月に完成したあずまや風休憩所です。観光めぐりのバス停のすぐ側にありますので、バスの待ち合わせやご休憩にご利用いただけます。

ねじり紅葉
ねじり紅葉

ねじり紅葉(大湯薬師堂)

グルグルねじれて伸びる紅葉です。

紅葉としてはかなりの巨木で一見の価値があります。

足湯「大湯薬師の湯」
足湯「大湯薬師の湯」

足湯「大湯薬師の湯」

まだ出来立ての足湯です。

ここでも一息入れましょう。

無料でご利用いただけます。

大湯ミニパーク
大湯ミニパーク

大湯ミニパーク

2011年12月に完成しました大湯ミニパークです。

上り坂の途中にありますので、ちょっと一息入れるには大変便利です。

平 維茂(たいらのこれもち)将軍塚
平 維茂(たいらのこれもち)将軍塚

平 維茂(たいらのこれもち)将軍塚

平安時代中期の武将。

平将門の乱平定で名を馳せた平 貞盛の甥で養子となり15番目の子として余五将軍と呼ばれた平維茂(たいらのこれもち) の墓とされています。

「鬼女紅葉伝説」

戸隠村(現長野市戸隠)で一党を組織して富豪の家々を襲うようになった紅葉。その噂は京都にも届き、紅葉討伐のために派遣されたのが平 維茂。平 維茂は苦戦するも、別所温泉の北向観音の加護によって紅葉を討ち取ったといいます。しかし、維茂も戦いに傷つき別所温泉での湯治も虚しく亡くなったとされています。

ひょうたんと杯
ひょうたんと杯

ひょうたんと杯(番外1)

特に意味はないとは思いますが、とある民家の土台の石垣にこのような細工の物があります。通り沿いですので散策の途中探してみてはどうでしょうか。

マンホールの蓋
マンホールの蓋

マンホールの蓋(番外2)

別所温泉のマンホールの蓋は岳の幟をモチーフとしたイラストをあしらっています。

あちこちで見ることができます。

  • 恋愛成就パワースポット
  • 別所温泉花ごよみ
  • 別所温泉写真ギャラリー
  • 周辺観光案内
  • 近隣高原の観光
  • 映画・ドラマロケ
  • 観光ガイド
  • パンフダウンロード
  • 観光マップダウンロード

別所温泉を散策

  • 肌美人の秘密
  • 源泉の歴史
  • 安楽寺報
あいそめの湯
▲ このページの上へ